女性特有の症状を持つ性病は何だろう?

MENU

女性特有の症状を持つ性病

おりものなどの異常は女性特有の現象です。特に普段より分泌量が多かったり、悪臭がしたりするようですと、それは性病の合図かもしれません。女性は身体の構造上、性器で発生した炎症が子宮や卵巣へと上昇し、内蔵などを侵してしまう上行感染になりやすいと言われています。普段と比べておかしいな、と思ったらすぐに性病検査を受けましょう。
媚薬

女性特有の症状のでる性病とその対策

女性は妊娠や出産という、人類でも非常に重要な役目を持っています。性病を放置していると不妊の原因となります。また性病に気づかず妊娠してしまうと、お腹の中の胎児にも影響をあたえることがあります。またお腹の中では問題がなくても、出産時に感染することもあります。流産や早産の原因となることもあります。
女性特有の症状のでる性病には以下のものが考えられます。

  • カンジダ
  • トリコモナス

カンジダなどは自分で持っている細菌でもあるので、重篤化することは珍しいのですが、ヨーグルト状のおりものがでることが多いと言われています。再発することが多いので、しっかりと栄養をつけて健康を維持することで発病を抑えることができます。
泡状のおりものはトリコモナスを疑うサインです。症状が出ずに気づくことが遅れてしまい、不妊を招く原因にもなっています。市販の検査キットでも簡単に性病検査ができます。女性は特に性病の検査を行うことに抵抗を感じると思います。病院に行くことをためらう場合は、このようなものを試すことも手段です。可能であれば定期的に検査を行うことで、自分の健康状態をチェックすることもできます。できればパートナーにも検査を受けてもらい、確実なものにしましょう。

関連ページ

痛みやかゆみが出る性病
性病の中にはその症状に痛みやかゆみを伴うものがあります。ここでは痛み・かゆみをともなう性病をまとめました。
腫れやできものがでる性病
性病の中には見た目で分かる出来物や腫れといった症状が出るモノもあります。そんな性病をまとめてみました。
のど・口内に感染する性病
最近ではのど・口内に症状が見られる咽喉感染が増えています。過去に口を使った性行為の経験がある場合は検査を受けておくといいでしょう。
性病検査を自分で行う場合の注意点
時間がないなどの理由で病院に行けない場合は、キットを使って自宅で出来る性病検査があります。その場合の注意点をまとめてみました。