のど・口内にできるものがある場合の性病は何だろう?

MENU

のど・口内に感染する性病

性病は必ずしも性器周辺から感染する病気ではありません。時には性器以外でも感染症を起こすことがあります。性器周辺に以上があるとなんとなく性病を疑いますが、それ以外ですとなかなか気が付きません。風邪かなと思っていると性病だったということも珍しくありません。性病検査を行わないと発見が遅れがちです。実際にどのような症状があるのでしょうか?
媚薬

のど・口内にでる性病とその対策

人間の愛情表現はとても豊かだと言われており、本来種の保存を目的として行われる性行為でも愛情表現を行います。その時の表現も多様であり、中には口を使うこともあります。万が一パートナーが性病を患っていた場合、粘膜等から口内へ侵入することになります。性行為の後、口の中にできものや異常を感じた場合、もしかしたら性病かもしれません。
のど・口内にでる性病には以下のものが考えられます。

  • 咽喉クラミジア
  • 咽喉淋病

クラミジアは症状がほとんどでないことで、感染者が増加する傾向にある感染症です。感染してしばらくすると口にできものができたり、喉が痛くなったりします。風邪かな?と思いそのまま放置すると、扁桃腺で炎症をおこすことがあります。さらに放置すると、咽頭炎や扁桃腺炎が慢性化することもあります、放置してはいけません。
淋病ものどへの感染可能性がある性病です。しかし、無症状で進行するため感染の自覚がありません。その状態でオーラルセックスをすることで性器に感染し、症状がでることで初めて感染に気付くケースがほとんどです。性器への感染があった場合は必ずのどの検査もウケましょう。

関連ページ

痛みやかゆみが出る性病
性病の中にはその症状に痛みやかゆみを伴うものがあります。ここでは痛み・かゆみをともなう性病をまとめました。
腫れやできものがでる性病
性病の中には見た目で分かる出来物や腫れといった症状が出るモノもあります。そんな性病をまとめてみました。
女性特有の症状を持つ性病
性病の症状は男女で違いがあることがほとんどです。女性の場合はおりものなど目に見える形で症状がでるものがあります。そんな性病をまとめてみました。
性病検査を自分で行う場合の注意点
時間がないなどの理由で病院に行けない場合は、キットを使って自宅で出来る性病検査があります。その場合の注意点をまとめてみました。