性病の種類症状、感染経路のまとめ

性病の種類症状、感染経路のまとめ

私達が住むこの地球には様々な生物が生きています。人間や犬、猫に代表される哺乳類や私達が食料として食べている魚類、二酸化炭素を吸収し酸素を供給する植物、そして目には見えない細菌、生物と無生物の間に位置するウイルスなど多種多様に生息しています。これらの動植物は人間を食物連鎖の頂点に持ちながら、日々生存競争を行っています、時にはライバルを蹴散らし、またある時はライバルと共存します。

 

人間も細菌たちと共存している動物です。皮膚の上や内臓の中に何兆という細菌がいます。よく善玉菌とか悪玉菌とかいう表現をしますよね?これらは人間が生きる上で不可欠な細菌なのですが、中には外からやってきて悪影響を及ぼすものがあります。最も身近な例を挙げるとインフルエンザがあります。冬の乾燥した時期に爆発的に広がる上に高い発熱を伴うので、お年寄りや子供は注意が必要です。

 

病気の原因となる細菌やウイルスにかかることを感染症といいます。感染症にも様々な症状があり、インフルエンザのように強力なものもあれば症状に気づきにくく、ゆっくりと進行するものもあります。しかも成熟した男女間で発生する感染症もあり、これらを性感染症または性病などと呼びます。性病はあまり気づきにくい症状がでることと性交などを経て感染することもあるので人に言いにくいという側面もあります。

 

性病は放置しておくと命に関わるものもあります。性病かどうかの検査は病院で比較的簡単にチェックできます。しかし周りの人に相談しにくいし、病院で誰かに見られるかと思うとどうしても遅れてしまいます。そこで性病検査キットというものがあります。性病検査キットは複数種類の検査を行うことができる器具が入っています。器具を使って検体を採取し、検査元へ送ります。送った後は一定の日数で返信が返ってきます。
性病の検査を人知れず行うことができます。検査の結果、万が一性病であると判定された場合、すぐに病院に行き診察を受けましょう。性病も他の病気と同じように早期発見で早期解決が重要です。

 

人気の性病検査キットを探すなら

性病のまとめ 目次

症状別性病チェック

  1. 痛みやかゆみがある場合の性病とは
  2. 腫れやできものがある場合の性病とは
  3. 口内にできるものがある場合の性病とは
  4. 女性特有の現象の性病とは
  5. 性病検査を自分で行う場合

 

性病や性感染症について知っておこう

  1. 性病の空気感染や飛沫感染について
  2. 性病の接触感染について
  3. 性病は日常生活で感染するの?
  4. 性病が疑わしくなったら
  5. 病院で性病検査を行おう
  6. 性病を予防するには?

 

代表的な性病と検査方法について

  1. 淋病と性病検査
  2. 梅毒と性病検査
  3. クラミジアと性病検査
  4. カンジダと性病検査
  5. トリコモナスと性病検査
  6. 毛じらみと性病検査
更新履歴